受賞者一覧

2021年実施 第一期CIL審査結果

スクリーンショット 2021-10-27 14.50.21.png

CIL大賞

​※五十音順

Profile_UCHINO - Minako UCHINO.jpeg

元々は自分の楽器の演奏機会が広がるような仕組みを、と思って応募しましたが、プロジェクト採択者の方々との交流から、これまで気にはなっていたけれども踏み込めなかったタスクに一歩踏み込むことができました。それがこのプログラム自体のダイナミクスであり、強みであり、イノベーションなのだと思います。そしてそのようなプログラムで賞を頂けたことを大変光栄に思います。

Arthealth

従来、芸術家の実演活動における健康問題に対する懸念は、当事者からも外部からも指摘されつつも、芸術そのものの持つ、美なるものへの追求を最優先する性質と、不安定な雇用形態や従来からの慣習が優先される社会的な要因などが複雑に組み合わさった結果、直接的な改革の意識あるいはニーズというものは決して高いものではなかった。  昨年からのコロナ禍にあって、観客と出演者さらには地域住民の健康と安全を守りながらの芸術活動という新しい視点が注目されるようになった今は、芸術家の健康問題に対する従来の考え方が変わる絶好のチャンスでもある。  芸術家の健康問題に取り組みながらその活動を社会が支援すること、それにより芸術活動の長期的な発展を期待することは、芸術家および芸術に携わるあらゆる人にとってより長期的な実りが得られるものであると考える。芸術活動の裾野から頂点まで、これまで看過されがちだった芸術活動における健康問題の解決策を、医療の視点と協働することで新たな枠組みとして構築し、芸術活動全般のさらなる発展ならびに持続可能な芸術活動を支援する社会そのものの成熟を目指したい。

内野 三菜子 Minako Uchino, MD PhD

IMG_7049-2.jpg

この度は素晴らしい賞を頂き誠にありがとうございました。 受賞を契機に、ややともすると混沌とした時代、そして工芸やものづくりが危機にあるなかで、自分に何ができるかを模索しながら、これからも継続して研究・実践に励んでいきたいと、想いを新たにしています。 プロジェクトを評価して頂けたこと大変嬉しく思います。また、この場を借りて『MISSIGLINK』プロジェクトにご尽力頂いた多くの方々に感謝申し上げます。

失われた超絶技巧の復活 ロストテクノロジーを求めて

本プロジェクト「Missinglink : ミッシングリンク」は、忘れ去られた歴史のなかに埋もれている工芸技術や文化を発掘し、“失われた繋がり”を探求・記録し、それらを伝えることで、様々な史実やストーリーを浮き彫りにしミームとして未来へと伝えていくプロジェクトです。 技術は積み重なりながら発展していくものであり、ひとたび発見された新たな技術は記録されて未来永劫伝えられていく・・・我々はそんな風に思いがちですが、なかには途中で断絶してしまったものも数多くあります。数十年前の技術でも詳細な記録が伝わっていない。昔の人にとっては一般的なことでもいまでは再現できず、記録にも残っていない。 そのような工芸技術は現代のテクノロジーを持ってしても解明することができないものが多数存在します。 技術革新がこれほど進んだ現代において、なぜ、再現することができないのでしょうか。 「現代人が作れないものを、昔の人は作っていた」。これは素晴らしいロマンですが、その一方で先人たちの生み出した技術や技法をおろそかにしてきたことに気付かされます。 そのように歴史の中に失われてしまった伝統技術を復活させ再び活性化させるためのエコシステムの構築が本プロジェクトの目標です。

甲賀ゆうこ Yuko Kohga

6F3BF03F-296A-4FE6-9614-FFA0740CF853_edited.jpg

時代が大きく変わろうとしているいまだからこそ、動ける人間がもっと積極的に動かなければならないと強く思い、プログラムに参加しました。作家として今まで積み上げてきたスキルを伸ばすだけではなく、人と人、ジャンルとジャンルのハブのような役割を担えればと思っています。ありがとうございました。

伝統芸能フィクションスター計画

日本の伝統芸能版ローザンヌコンクール+国立大学が題材のアニメーションを作り、フィクションの力で伝統芸能のスターを作り上げ、とかく行き詰まり感のある伝統芸能分野を世界の若い世代へ向けて輸出、コンテンツビジネスとして成功させる。

バレエがフランスで生まれロシアで円熟期を迎えたように、日本の伝統文芸も海外の力によって第二のフェーズを迎えるべきである。そのために自分がここで精力しなければ、文化の継承だけでなく、日本に関心をもつ世界中の若者がチャンスを失う。文化は人の歴史であり、人を救済する優れたシステムでもある。クリエイターを名乗るのであれば、ここで心身ともに文化芸術に奉仕するターンがあってもよいはずだと考える。

高殿円 MADOKA TAKADONO

CIL 文化事業賞

アートが溢れ、驚きと発見が絶えない街を
ASITY 吉岡良 出樋幸裕 栗田智仁 児山欣典

集まれ!伝統芸能部!!

甲田麻里 吉武華奈子 三浦知之 (東北新社)

ミクスチャークラシック企画
渡邊潔巳 (東北新社)

CIL文化振興賞

 「将棋プレミアム」認知拡大と会員数200%達成へ 

小松美怜 吉村侑太 (囲碁将棋チャンネル)

PLAY ARTS 教育と演劇を繋げるビジネスプラン

 高橋戦車

CIL国際文化賞

Mahoroba Verlag

日本の本、および文化をドイツ語圏の人々に届ける出版事業

溝口真帆

CILスタートアップ賞

直行グッズメーカー
アーティスト・クリエイターのグッズ生産・販売プラットフォーム 

金井路子

CILユースリーダー賞

Academy Customize

音楽家と将来の音楽界を担う学習者を繋ぐプラットフォーム

吉川采花 山口恭正

いちのみや現代音楽祭 × アーティスト・イン・レジデンス

袴田美帆 山口恭正

CIL聴衆賞

失われた超絶技巧の復活 ロストテクノロジーを求めて

甲賀ゆうこ

Mahoroba Verlag

日本の本、および文化をドイツ語圏の人々に届ける出版事業

溝口真帆