砂岩

CIL 第1期

応募期間:2021年3月31日〜4月25日
​プログラム期間:2021年6月15日〜10月3日

概要

CIL(本採択・個人)、若手支援のためのCILYouth(U35・個人)、産官民連携活性化のためのCILBusiness(企業)での3種の採択形式で運営を行った。世界10カ国より120件の応募があり、審査を経て7カ国より下記掲載のメンバーが採択となりました(情報公開可能者のみ掲載)。

 

すべてをオンラインプログラムで行うことで、国内全域及び、ドイツ、フランス、イギリス、オーストリア、カナダ等からの採択者が集いました。領域も、音楽、美術、文学、伝統工芸、伝統芸能、演劇、出版、囲碁・将棋、ウェルビーイング、スタートアップ、アートマネジメント、芸術教育、国際文化交流等、様々プロジェクトが進行し、各プロジェクトの特性に合ったメンター・副メンターが配属され、支援を行います。

 

プログラム内では採択者同士の交流を推奨、情報共有・協業機会の活性化を促し、今までにはない、領域を超えた「文化芸術経営」のコミュニティ形成を目指します。従事する文化領域、在住地域、ジェネレーションに限定されない、多様性があり、フラットな、互いを尊重するしなやかな繋がりを特徴とします。本プログラムを起点とする、文化芸術経営における中長期的なイノベーション創出実現に向け、進行します。

 

基調講演

近藤誠一氏(元文化庁長官)​『文化芸術経営のイノベーション 〜大局観と座標軸をもとう〜』

 

元文化庁長官の近藤誠一氏をお招きし、『文化芸術経営のイノベーション』についてお話頂いた。138億年前の宇宙誕生、ビッグバンからの歴史、生態系や動的平衡、細胞の仕組みであるオートファジー(細胞の自食作用)や人間の進化を切り口に、地球・自然・人間のあり方を学問横断的に考察され、思想の根源に立ち戻る。人間の文明、経済や科学技術が、地球や自然、人間に与えている負の影響を捉え直すことで、文化芸術にある課題を多角的に分析し、その解決に向けた道筋を示された。採択者からは、『文化芸術の経営とは何かを考える時に経済からの側面だけで考えていた。文化芸術を担うのは人間であるから、人間とは何かを、歴史や自然の成り立ち、生物学、人文知を基盤にしてご説明を頂き、その解をつかめたように思った。実践で活かしていきたい。』等の反応があり、CILの方向性を定義するものとなった。

d72460-6-351142-2.png

高殿円

作家・漫画原作者 『トッカン 特別国税徴収官』『上流階級』『富久丸百貨店外商部』『コスメの王様』 産経新聞日刊連載中
PHOTO (c) Bungeishunju

d72460-6-771370-4.png

内野三菜子

日本医学放射線学会専門医(放射線治療)/医学博士/日本医師会認定産業医/米国Performing Art Medicine Certificate。教会の塔などについている音階状に配列された鐘「カリヨン」の職業演奏家(北米カリヨンギルド正会員)。トロント大学での臨床留学中にカリヨンに出会う。日本カリヨン演奏家協会代表理事。カールトン大学総合芸術学部音楽学科カリヨン専攻卒(2021年6月)。 伊丹「フランドルの鐘」での定期的な演奏に加え、 2017年ベルギー日本友好150周年閉会セレモニーやトロント大学戦没者記念式典での演奏など、 北米と日本を中心に活動中。がん治療の中でもQuality of Life(生活の質)を重視する放射線治療の領域から、がんと就労の両立について活動の場を展開する中で、音楽家をはじめとするPerforming Artistsの健康についても考えるようになる。

d72460-6-440127-7.png

金井路子

金井路子会社代表 株式会社グロースエンジン 大妻女子大学卒業。 1999年株式会社インデックスに入社。 携帯公式サイトを全36本企画からサービス設計・運営。 2003年株式会社ディー・エヌ・エーに入社。 2004年モバオク立ち上げ、 2009年ビッダーズ事業MD統括部長、 2011年モバオクマーケティング部長を担当。 以来、 Eコマースを中心に、 約20年間webサービス企画開発、 運営、 マーケティングを経験する。 創業後は、 コミュニケーション・アーキテクトとして、 事業拡大はもちろん、 組織構造・機能役割にも着目し、 円滑な情報伝達の仕組み化や組織・コミュニティ形成を基軸とした売上貢献をミッションとしている。

7f2ac9_76c9a8b17c59428696fe43004bb9dbb1_mv2.webp

Roua

個人事業主 フリーランスとしてIT系マネージメント業務に関わる傍らイラストや漫画制作を行う。現在エストニア在住。

スクリーンショット 2021-09-24 8.08.45.png

出樋幸裕 

会社員 早稲田大学創造理工学部建築学科 卒業 早稲田大学大学院創造理工学研究科建築学専攻 卒業

d72460-6-659071-18.png

吉川采花

東京藝術大学音楽学部を卒業後、ウィーン市立音楽芸術大学修士課程を修了。Hamamelis Quartett 第二ヴァイオリン奏者。ウィーン交響楽団、ウィーンフォルクスオーパーに客演奏者として呼ばれる。 第58回全日本学生音楽コンクール東京大会入選。第7回全日本芸術コンクール第2位。第1回デザインK国際音楽学生コンクール優秀賞受賞。Fidelioコンクール入賞。 これまでに東京、神奈川、ウィーン、フランスの各地でソロリサイタルを、アメリカのインディアナ、オーストリアの各地でHamamelis Quartettとしての演奏活動を行なっている。 東京藝術大学にて山﨑貴子、澤和樹の各氏に、ウィーン市立音楽芸術大学にてFlorian Zwiauer氏に師事。2021年3月より、音楽レッスンサービス「Academy Customize」を運営。2021年7月に日本に完全帰国し、演奏活動および後進の指導にあたっている。

スクリーンショット 2021-10-27 12.06.35.png

小川楽生

地域芸術祭共同代表 キュレーター 学生 慶應義塾大学、 学部生。 先天性重度難聴ながらも言語訓練を重ね、 言語能力を獲得。 第10回アジア環太平洋音声言語聴覚学術大会にて発表。 また、 東京大学AMSEAにてアートマネジメント育成事業第3期生として採択。 茨城県ひたちなか市那珂湊地区の芸術祭「みなとメディアミュージアム」共同代表およびキュレーター。

d72460-6-791737-19.png

藤井隆乃

cerisier 代表・着付け師 2000年生まれ、 2019年11月活動開始。 着付け教室や着付けを主とした着物文化の継承のための活動を行う。

d72460-6-237709-3.png

高橋戦車

制作(オフィス鹿 所属) 舞台制作者。 2008年に劇団鹿殺しに入団し、 2012年より制作者として活動を開始。 主催舞台公演の制作をおこないつつ、 他興行の制作進行、 制作協力にも携わることに。 主な参加作品に、 「PLAY PARK 2012~日本短編舞台フェス~」、 舞台「27-7ORDER-」「SKE48版 ハムレット」「青空ハイライト from 主役の椅子はオレの椅子」「ミュージカル『刀剣乱舞』にっかり青江単騎出陣」など。 2020年コロナ禍における劇場再開の先駆けとなった本多劇場グループpresents「DISTANCE」には企画から関わる。

d72460-6-705487-9.png

山根風仁

チェロ奏者、 Lynx Consort音楽監督 ヒストリカルチェロの演奏を専門に、 ソリスト、 室内楽、 通奏低音奏者として、 国内外のプロジェクトに参加。 2019年、 バロックから近現代までの歴史的演奏習慣の研究、 実践を目的とした、 日本拠点の演奏団体 ”Lynx Consort” を立ち上げ、 同団のチェリスト、 音楽監督、 指揮者として、 第一線で活躍する奏者と共に精力的なコンサートシリーズを展開している。 東京藝術大学音楽学部を安宅賞、 アカンサス音楽賞を得て卒業。 現在、 英国グラスゴー大学及び王立スコットランド音楽院HIPP(歴史的演奏習慣)科修士課程に在籍中。

d72460-6-490861-5.png

中尾一貴

プロダクトマネージャー エンジニアとして大手外資系企業でDXを推進する傍ら、 プロ/セミプロの合唱団の運営や、 若手音楽家の支援プロジェクトの立ち上げなどに取り組む。

スクリーンショット 2021-09-24 8.08.56.png

吉岡良

会社員 一橋大学経済学部 卒業

スクリーンショット 2021-09-24 8.09.18.png

児山欣典 

会社員 株式会社本田技術研究所 株式会社iTiDコンサルティング 現在 デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社

d72460-6-674283-16.png

山口恭正

東北大学大学院情報科学研究科博士後期過程 東北大学大学院情報科学研究科修了 修士(情報科学)

7f2ac9_5ad653111fee473bb6fb966359392ea5_mv2.webp

岩崎和佳

駆け出しの靴作り職人 2018年3月 日本大学法学部経営法学科卒業 大学卒業後、 銀行に約3年勤務後退職 現在は駆け出しの靴作り職人

d72460-6-984044-21.png

笹川萌

学生 4歳からヴァイオリンを始め、 これまでに深沢薗子、 三浦道子、 菊池愛の各氏に師事。 現在、 一橋大学経済学部3年生。

d72460-6-704016-1.png

溝口真帆

まほろば社(Mahoroba Verlag)代表、 編集者 株式会社講談社に編集者として約10年間勤務後、 2014年に渡独。 フリーランスの編集者として活動。 2017年に現地にてドイツ語・日本語で出版活動を行うまほろば社(Mahoroba Verlag)を立ち上げ、 現在に至る。

d72460-6-578058-6.png

甲賀ゆうこ

クリエィティブディレクター 1981年東京生まれ。 97~2006年までアメリカ、 オランダに留学。 海外大学在学中に芸術学や空間・工業デザイン、 デザイン理論、 バウハウス教育、 コンセプチュアル思考を学び、 バイリンガル環境での芸術教育を受ける。 日本に帰国後は、 アートディレクターとして大手広告代理店・外資系企業にて勤務。 その後、 伝統工芸を再生させるプロジェクトや数々の国内美術展などを企画、 アート事業のベンチャーに参画するなど様々なクリエィティブプロジェクトに携わる。 現在はクリエィティブディレクターとして多岐に渡り活動を行なう傍ら、 社会や教育とデザイン・アートを繋げるプロジェクトを行っている。

d72460-6-492299-8.png

渡邊めぐみ

詩のソムリエ 1989年福岡生まれ。 幼少期から詩にふれる。 2009年慶應義塾大学文学部に入学、 2013年東京大学大学院に進学し、 日本の詩歌(とくに戦後詩)を研究。 2015年(株)ベネッセコーポレーションに入社、 高校生向けのキャリア教育教材の企画開発職に就く。 2018年に「詩のソムリエ」を名乗り、 詩に触れ心の豊かさを取り戻すワークショップを「ご近所ラボ新橋」にて開始。 2020年3月、 会社を退職し、 本格的に「詩のソムリエ」として始動。 1.ちがいを楽しむ2.肯定感をあげる3.心の潤いを取り戻すの3つを目標に、 日本全国で活動をしている。

スクリーンショット 2021-09-24 8.09.03.png

栗田智仁

会社員 慶應義塾大学 環境情報学部環境情報学科 卒業

d72460-6-506891-14.png

袴田美帆

大学院生 クラシックサクソフォン奏者 愛知県立一宮高校、 神戸大学国際文化学部卒業。 サクソフォン奏者でありながら、 アートマネジメントや芸術、 博物館学を学び、 芸術事業の運営、 子どものためのコンサート企画等に数多く携わっている。 大学在学中の2015年、 パリ第7大学人文芸術学部に1年間交換留学中、 並行してパリ6区音楽院専門課程へ入学。 大学入学と同時に諦めていた演奏家の道を志し、 2017年パリ国立高等音楽院サクソフォン科第一課程に入学、 2020年に国家専門演奏資格を取得し、 満場一致称賛付きトレビアンで卒業。 同時に室内楽科第1課程を、 最優秀の成績で修了。 現在はサクソフォン科修士課程、 並びに即興科に在籍し、 現代室内音楽や電子音楽等、 新たな空間芸術の創造について研究している。 2019年、 地元名古屋で初のソロリサイタルを開催。 また、 パリ音楽院のトリトン・サクソフォンカルテットとして9都市10公演に渡る中国ツアーを行い、 成功を博す。 2020年、 フランス東部 Grand Est’ivalのコンサートツアーに参加し、 全9公演好評を得る。 2021年Sampoアーティスト・イン・レジデンスにソリストとして選ばれ、 電子音楽の初演プロジェクトに参加。 2016年ライレローズ・アドルフサックスサクソフォンコンクール第2位、 同年パリジャンサクソフォンコンクール第1位、 2017年第8回ナント国際サクソフォンコンクール 満場一致の第1位。 2019年、 第7回アドルフサックス国際コンクール第6位入賞、 ソリストとしてベルギー室内管弦楽団と共演。

d72460-6-837089-15.png

森陽菜

アートマネージャー 学生 青山学院大学総合文化政策学部卒業 静岡文化芸術大学大学院文化政策研究科修士課程在学中。 幼少期から舞台活動を中心に様々なジャンルで表現活動を行う。 セミプロとしてコンテンポラリーダンスカンパニーや2.5次元舞台などでダンサーとして活動。 大学1年の時にアートマネジメントの重要性を知り、 自らで舞台やイベントをプロデュース。 主な活動にSBSラジオパーソナリティ、 青山学院×香取慎吾アートプロジェクト プロジェクトリーダーなどがある。

空

横尾ルッタス紫苑

大学生 幼少期よりクラシックバレエをはじめ、 その後モダンバレエ、 モダンダンス、 コンテンポラリーダンスを学ぶ。 エストニア国立タルトゥ大学ヴィリヤンディ・カルチャーアカデミー舞台芸術学部在学中。